港町の山小屋だより

2021年5月、被災地石巻に焼酎と洋楽を楽しむBAR「山小屋」がオープン。東京在住(石巻出身)オーナーYがゆるーく情報発信しています。

3.11のことは書かない

今年も3.11がやって来る。

ブログタイトルを「港町の山小屋便り」としたのは、わが町石巻が2011年の大津波で甚大な被害を受けた被災地からの定点観測的な発信をしようと考えた。こうして店やその周辺のことを書いていても、その志向がプンプン匂うのはやむを得ないことだと思う。

f:id:bar_yamagoya:20220316145229j:image

2008年の門脇小学校

f:id:bar_yamagoya:20220316145410j:image

2011年3月14日の門脇小学校

f:id:bar_yamagoya:20220316145503j:image

2022年2月27日の門脇小学校(震災遺構)

今年も3.11がやってくる。あの年と同じ金曜日で、思うところはいろいろあるが3.11のことを直接書くのはよそうと思う。震災のことを、この11年の歩みを、知ってほしいという気持ちは誰よりも強いつもりだが、書き言葉では伝えきれないというか、何をどう書いても不全感が募るだけで、それはまるで、ザルで風呂桶の水を移しかえるような行為だ。それをも厭わないという気概がないでもないが、今はとにかく時間がなく(東京と石巻の二重生活がかくも忙しいとは!)、申し訳程度の記事しか書けない。ここで僕が駄文を書かずとも、石巻のことを伝える媒体はいくらでもあるので、そちらに全権委任したい。

今はとにかく新居のことで頭がいっぱいだ。長いアパート暮らしから脱出し、我が家と呼べる家を手に入れた喜びに満ち溢れている。たぶん、これは誰にもわからないだろう。11年間ずっと燻っていた思いがメラメラと燃え上がるような気分なのだ。

 

※震災前の日付でアップしようと下書きに保存していたら3月16日に福島沖の大地震が起きた。不完全だがひとまずこちらをアップする