港町の山小屋だより

2021年5月、被災地石巻に焼酎と洋楽を楽しむBAR「山小屋」がオープン。東京在住(石巻出身)オーナーYがゆるーく情報発信しています。

雑記帳

さらば、アタックチャンス。

クイズ番組「アタック25」が9月で長い歴史の幕を閉じた。日曜午後、お茶の間に憩いの時間を提供し続けた長者番組だ。お疲れ様と言いたい。 【朝日新聞】最後のアタックチャンス!「アタック25」46年の歴史に幕 https://www.asahi.com/articles/DA3S15056…

8/12(木) 店を開けずに立町探訪

お盆は業界全体が休むので年末年始のように休業日がある。たまに個人の夏休みを2日ほど付けて大型連休にすることもあるが、今年はオリンピックや緊急事態もあって社員の出勤を極力抑え、上長が代わりに全出勤して電話や業者応対という働きぶり。それでも8月…

京都出張+小旅行③

【7/12 世界遺産・天龍寺】 最終日。保養所をチェックアウトして朝イチで天龍寺拝観。友人から勧められていた蓮池を散策。素晴らしい。「露の身は ここかしこにて 消えぬとも 心はおなじ 花の台(うてな)ぞ」。 法堂には加山又造筆「雲龍図」。5月に観た身延…

京都出張+小旅行②

【7/11 祇園祭の鉾建て】 四条堀川での連泊終了。朝食をとり荷物をまとめチェックアウト。暑い。もう梅雨明け間近だろう。徒歩で四条烏丸へ。途中で錦市場を通ったので念願のだし巻き卵。小さいパックで300円。手づかみで食らう。ほろふわで旨い。 四条烏丸…

京都出張+小旅行①

京都の某美術館で講演を聴く仕事が週末に引っかかってしまい、店を休んで京都に出かけることにした。休むのは5月開店以来初めて。開店準備期間を含めたら約4ヶ月休みなしで東京石巻を往復したのだからいいだろうと、出張兼ねて京都小旅行を楽しむことにした…

ホームの狛江SCへ

石巻こそがホームのはずだが、アパート暮らしで住民票もなければ住民税も払っていない。石巻で飲みに行ってもヨソの客。やはりホームは東京自宅近くということになる。 狛江(こまえ)といっても多摩地区の人間でなければ場所も思い浮かばないだろう。日本で2…

旅バイク購入。その名もアルペンマスター

あまりに重い車体、あまりに遠いレバー、あまりに熱いエンジンーー。跨るのが億劫になった30年前のビンテージバイクBMW(K100RS 4valve)をヤフオクに出品したらあっさり売れた。 去年1月にヤフオクで山形の人から買ったBMWをしばらく石巻に置いて奥松島や雄勝…

津波伝承館へ

朝の洗濯を済ませて自転車で門脇・南浜へ。コロナで休館中だった津波伝承館がようやくオープンしたというので見てきた。公園に行くのは3月に「石巻南浜津波復興祈念公園」がオープンした時、5月に山小屋を訪ねてきた東京の友人家族を案内した時に続いて三度…

アルファGT めでたく嫁入り

なんとか売却。ここまでボロいクルマを買ってもらえるか不安だったが車検が1年残っていたのが幸いしたようだ。点検修理に11万円かけて8万円で売却。バカみたい。修理せずに1万円で売ったらどうなったろう? まぁいいや、インサイトが安く買えたのでトータル…

高速バスを諦め新幹線で

前日記事のとおり午前中はヒッシーの石巻案内。店には寄らずアルファGTを置きにあゆみ野へ。昨日叔母が「昨日タイヤ交換したんで物置さ入れねげ」と言っていたのでスタッドレスタイヤ4本を庭の物置へ。腰が痛いのがバレないように運ぶのが大変だった(笑)。 …

石巻から一路静岡へ

昼前に店へ。前日やり残した洗い物をやっつける。カフェタイムはやらないつもりだったがそのまま営業。誰も来ず。一度、松ばるのK君が覗きに来てくれた。 「この古井戸通り、昼間のほうが味があると思うんすよ。カメラぶらさげた人もよく通るし。もっとお客…

アルファGT最後のご奉公?

3年乗った愛車アルファGTをヤフオクに出品しているが全然売れない。かすりもしない。 https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b527709197 初回15万円で出品したが入札なく(12日間×2)、その間に次の車を買ってしまったので現在3万円売り切りスタートで…

あけましておめでとうございます。

いま2008年元旦午前1時過ぎ。仕事の帰りです(都内の電車は終夜運転)。 会社のウェブサイトを新年とともに更新してきました。自宅でもやれなくないのですが、こういうのはリニューアルしてから初めてなので念を入れて。まあ「ゆく年くる年」を見ながら、と…

日記の更新が滞ってばかりでスイマセン。

ひとえに僕の体たらくですが、日記のコンセプトにやや無理があったというか、肩に力が入りすぎて長続きしないという側面がなきにしもあらず。 日記として成立するほどCDを買いあさっているわけでもなく、iPodナノも一度入れてしまえばひと月同じプレイリスト…

日本画家の高山辰雄先生が亡くなられた。

9月14日、肺炎のため95歳で逝去された。大往生とはいえ、痛惜の念でいっぱいである。 3年ほど美術雑誌の編集をしていたので、職業画家の方には多数お会いしたが、心から「先生」と呼べるのはごく少数で、高山先生はその最高峰であった。 1998年の6月だったか…

小田実が亡くなった。

怒涛のような「自民、歴史的大敗」連呼のなか、作家の小田実が逝ったと各紙がひっそり報じた。享年75歳、1932年生まれでうちの親父と同じ歳だ。 けっして愛読者ではなかったが、市民の視線を忘れず、体制を厳しく批判する姿にはシンパシーを感じていた。1945…

宮澤元総理が亡くなった。

政界を引退したあたりから永くはないと思っていたが、訃報に接すればそれなりの寂寥感を感じる。 彼の保守リベラリズムの姿勢は至極まっとうであり、そういう稀有な政治家を擁していたことは、自民党という政権政党の懐の深さがあったと言えなくもない(支持…

はじめまして。

ここに書く駄文は、60〜70年代の洋楽にしか興味が湧かない中年男のCD衝動買い懺悔録その他モロモロです。 音楽市場から見放された玉石混交のCDを、「こんなところにいたのか。俺、お前のこと知ってるよ――」とひたすら救済(?)する日々を書き留めてみよ…